最大8件の引越し業者へ見積依頼!
お電話によるご依頼にも年中無休で対応中
タップするとお電話が掛かります!|0120-154-445

引越し料金について

引越し料金が決まる仕組み

引越しの見積もりを安くするために、まずは引越しの料金がどのように算出されるかを知っておきましょう!実際の引越し見積もりを見るとよくわかりますが、引越し料金は大きく下記の3つのカテゴリに分かれています。

引越し料金=
基礎運賃+実費+オプションサービス料

基礎運賃:基本料金、割増料金、車両費など
基礎運賃は、引越し業者さんが現場に到着してから車庫に戻るまでを時間か距離のどちらかで計算します。時間制の場合、4時間または8時間が基本です。それに1時間ずつ増える事で追加料金が発生します。距離制の場合、100kmが基本となります。100kmを超えると追加料金が発生します。また、車両費は、各社いろいろな基準を持っていると思いますが、荷物の量=トラックのサイズが決まってから算出されるものです。トラックのサイズですが、最大積載量が2トン以下の小型トラックや4t近く積載できる中型トラックなど、トラックのサイズによって変わります。
実費:作業員料、梱包資材料、その他
引越し作業員の作業量(人件費)やダンボールなどの梱包材料費、有料道路利用時の交通費(高速代など)がこれに該当します。また、居住地などの立地条件によっては交通費などを請求される場合もあります。
オプションサービス料(付帯サービス料):エアコン、不用品の処分、ピアノ
エアコンの取り付け、取り外しやピアノの運送、不用品処理、ハウスクリーニング、自動車・バイクなどの輸送など通常基本料金に含まれないサービスが該当します。オプションサービスは、自社で対応する業者と、提携業者に依頼する場合があります。当然提携業者の場合には、値段も高くなる場合もありますので、見積もりを比較する際に、注意しましょう。時間がある場合には、安くするために自分で探すのも手です。

料金に関する秘密

料金に関する秘密

割増料金について
休日割増⇒繁忙期などや休日など、通常料金に上乗せされる料金の事です。これは、時間制、距離制ともに対象となります。
冬季割増⇒北海道、東北、北陸、山陰の一部指定地域は、積雪のため冬季一定期間を対象に割増料金となる事があります。
解約、延期手数料について
荷物の受取日の前日なら、見積書に記載された運賃の10%以内
荷物の受取日の当日なら、見積書に記載された運賃の20%以内
見積もり時に内金、手付金などは請求されません。
午前と午後について
引越し業者さんはたくさんのトラックや作業する方を調整して、多くの引越しに対応しています。朝一番の作業であれば指定の時間に訪問できますが、午前中に作業を終えたチームが午後に別の作業が入っている場合にはたいてい時間指定できませんので、午後便を利用した方が引越し料金が安く抑えられる事があります。ただし、荷物が多く遠距離の引越しなど、一日作業となる場合や一日に何件も作業が立て込む繁忙期などは適用されませんので、必ずしも午後便が安くなるわけではありません。
最大10件の引越し業者へ見積依頼!
\現在放送中のテレビCMはこちら!/
はじめての方はこちら
「気が利く女」篇
お問合せ窓口
お電話によるご依頼にも年中無休で対応中
タップするとお電話が掛かります!|0120-154-445
このページの上へ戻る