最大8件の引越し業者へ見積依頼!
お電話によるご依頼にも年中無休で対応中
タップするとお電話が掛かります!|0120-154-445

引越し後のマナー

わかっているようで微妙な、引越しの挨拶の仕方やマナー。お世話になったご近所さんたちやこれからお世話になるご近所さんたちへ上手に挨拶をしましょう。

旧住居のご近所さんへの挨拶
引越し時は何かと忙しいものです。「立つ鳥跡を濁さず」というように、今までお世話になった隣近所さんには前日までに手土産を持って挨拶をしましょう。300円前後から500円程度で、石けんなどの日用品や、お菓子などでOKです。また、旧住居に人が訪ねて来たり、荷物・郵便が届くかもしれないので、新住所と連絡先を伝えておきましょう。また、貸してあるものがあれば、その返却催促も忘れずに。とりわけ子供同士は貸し借りが多いので、よく確認するようにして下さい。
・一軒家⇒大家、隣近所
・集合住宅⇒管理人、両隣
新住居のご近所さんへの挨拶
引越しに時間が掛かって多少時間が遅くなったとしても、当日に挨拶に行くのがベター。引越し音が迷惑を掛けているかもしれませんし、相手も「どんな人が引越してきたんだろう?」と気になっているかもしれません。遅くても必ず翌日には手土産を持って挨拶をしましょう。手土産は旧住居同様、日用品やお菓子がベターです。
・一軒家⇒向う三軒両隣(敷地を接している家と、道路をはさんだ向かいの両隣り三軒)
・集合住宅⇒管理人、両隣、上下階
一人暮らしの女性の場合
女性の一人暮らしの場合は、引越しの挨拶をすることで、わざわざ一人暮らしであることを伝えてしまうことにもなり、安全面を考えるとと挨拶をしないほうが良い場合もあります。ここは慎重に、まず大家さんや管理会社に確認してみましょう。
最大10件の引越し業者へ見積依頼!
\現在放送中のテレビCMはこちら!/
はじめての方はこちら
「気が利く女」篇
お問合せ窓口
お電話によるご依頼にも年中無休で対応中
タップするとお電話が掛かります!|0120-154-445
このページの上へ戻る