最大8件の引越し業者へ見積依頼!
お電話によるご依頼にも年中無休で対応中
タップするとお電話が掛かります!|0120-154-445

入居前にチェックすること

入居前にチェックすること

引越し前、荷物を搬入する前だからこそ見える場所やチェックできる箇所がたくさんあります。入居後にトラブルにならないよう、くまなく調べておきましょう!

デジカメや携帯カメラを使い、部屋の隅々までチェックしましょう。汚れや傷、窓のヒビなど細部まで全て撮影しておきましょう。 被写体にほかの物が映り込むように撮影するのがポイントです。たとえば、壁の傷や汚れだけを接写して撮影しても、どこの傷や汚れなのかわかりません。小さくで見えない場合には、接写した物を1枚と、全体がわかるようにした物も1枚撮っておきましょう。また、ガラス飛散防止で針金が入ったものをよく見ると思いますが、この針金入り窓ガラスが南側にあったりすると、日中日差しの強い日に熱で針金が膨張して何もしないのに割れることがあります。ヒビが入っている場合には、すぐに不動産屋さんや大家さんに交換してもらいましょう。
トイレ・お風呂まわり
まずは排水口のチェック。新築の場合には問題ないですが、賃貸や中古物件の場合には、引越し前に掃除しておきたいポイントです。以前住んでいた人の髪の毛ゴミなどが詰まっていないとも限りません。 トイレの流れが悪いなども早めに大家さんに連絡しておきましょう。
キッチン
新居は当然のこと、賃貸や中古物件の入居前のキッチンは、清掃業者が徹底的に掃除してあり新品のようですが、当然生活を始めると汚れます。事前に汚れ防止の処理をすることをオススメします。レンジまわりや換気扇は事前に汚れがつきにくいように汚れ防止のフィルターを取り付けておきましょう。レンジパネルも効果的です。こうしておけば、普段の掃除も退去時もフィルタを剥がすだけで完了します。棚に古くなったフキンや専用のシートをひくのもこの時期が最適です。特に油や調味料を置いたり、鍋やフライパンを置くことが多いレンジや流しの下はしっかりと敷物を施しておきましょう。ビニール系の敷物の上に新聞紙やチラシなどを敷き詰めておけば完璧!
畳、床、壁
畳や床、壁は家具を置いてしまうと大掃除でもしない限り、なかなか掃除ができません。家具の搬入前に徹底的に掃除しておくことをオススメします。風通しの悪いワンルームマンションなどの集合住宅は、壁にカビなど発生しやすいので、事前にカビ防止策として防水スプレーなどを散布しておくと効果的です。換気扇を回したり、窓を開けるなど換気をよくして作業しましょう。掃除が終わったら、最後に部屋全体に防虫対策をしたら完璧です。
最大10件の引越し業者へ見積依頼!
\現在放送中のテレビCMはこちら!/
はじめての方はこちら
「気が利く女」篇
お問合せ窓口
お電話によるご依頼にも年中無休で対応中
タップするとお電話が掛かります!|0120-154-445
このページの上へ戻る